アルミ補修直射日光のキツイ場所で気を付けたいこと|アルミ水切り補修/さいたま市

アルミの水切り凹み補修です。

アルミ水切りの凹みです、凹みが大きく引き出すのに苦労してます。ちなみに最初の写真はとってませんでした。

色が変わっているのはバーナーで炙ってたりと格闘のあとになります、ここから更に引き出してます。

ビスを打ってスライドハンマーで引き出してます、穴をあけますので、穴は”はんだ”で処理してます、穴の処理はいろいろやりましたが、はんだでの処理が一番安定感が高いと思ってます、グラインダーで余分なはんだを削り取っても剥がれてくるようなこともありません。

ぎりぎりまで戻してからパテ付けしたいのですが、かなり固くパテを付けられるレベルまで戻してからパテ処理してます。

こういうリペアはパテを埋めて塗装するだけと思っている方も多いようで、そうやって引き出してからやるの!?ってびっくりされることもありますが、なぜここまでするかというと、歪みが残ってしまったり、パテが厚すぎると熱膨張に耐えられなくなってしまい埋めたパテが割れてしまうケースがあるからです。

特に日当たりの良い所だとそういう部分は気にしています。

となんやかんやとやらせていただき、塗装してクリヤーで完成です。

へこみの深さや大きさ素材に合わせ出来る限り、鈑金的な処理もしております、あきらめずに出来るかどうかご相談ください。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 金属ドアへこみリペアは見た目より広範囲に|ドアへこみリペア/東京都大田区

  2. 艶々素材のリペアは可能なのか?|家具欠け補修/東京都荒川区

  3. 玄関ドア線傷目立つ位置の作業時間|木目調玄関ドア傷リペア/東京都練馬区

  4. 水周りって塗装して良いの?|洗面ボール欠け補修/東京都板橋区

  1. 登録されている記事はございません。

ご挨拶


プロフィール

「えっ?」「全然わからない」そんな言葉と喜んでいただけた表情がやりがいと同時に「ほっ」とするタイミングです。

リペアに初めて出会った時にこんな仕事があるんだ!?とびっくりしました。

補修は日々違った材料と違った傷、そこに人の気持ちが絡みます、納得出来る仕上がりが出来ずに肩を落とす日々も多々経験してきましたが、お客様の「傷のお困りに」どこまで寄り添えるか?

困った時の「街のリペア屋さん」そんな存在を目指し日々頑張っております!

TOP
LINE 問い合わせ 無料写真見積り