金属ドアへこみリペアは見た目より広範囲に|ドアへこみリペア/東京都大田区

東京都大田区でドアの凹みの補修をさせて頂きました。

足場をぶつけてしまって凹んでしまったようです。

大きなものがぶつかっているので見た目より広範囲な補修になるとは予想してました。が、、

通常凹みを中心に円形に凹みが広がるのですが、なんか面白い形が出てきました(‘Д’)

中の構造の問題と経年の歪みなども重なってだと思います。

さらに全体的にチョーキング(塗膜の劣化)があって粉を吹いたような感じになっているので、部分的に塗装をしても旧塗膜に合わせていくのが難しいのと劣化の問題もあるので全体的に塗装してしまおうと全体的にパテを打ってます。(高さが150位の小さなドアでした)

依頼は最初の凹みだけなのでそれだけやって終わりですでも良いのですが、やはり塗装をして綺麗になるとほかの部分も目立ってしまうのと今回の凹みは3回くらいはパテ打たないと平面が出ないだろうと予想されたので他も一緒にやってしまってます。

完成です。

最後にお施主様に仕上がり確認していただいたのですが、予想より綺麗になったようで大変喜んでいただいてました。

年数がたった建材は同じものを用意するのが難しい場合も多くリペアの方が短期間で、費用も抑えられる可能性があります。

出来るかどうか一度お問合せ下さい。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 金属ドアへこみリペアは見た目より広範囲に|ドアへこみリペア/東京都大田区

  2. 艶々素材のリペアは可能なのか?|家具欠け補修/東京都荒川区

  3. 玄関ドア線傷目立つ位置の作業時間|木目調玄関ドア傷リペア/東京都練馬区

  4. 水周りって塗装して良いの?|洗面ボール欠け補修/東京都板橋区

  1. 登録されている記事はございません。

ご挨拶


プロフィール

「えっ?」「全然わからない」そんな言葉と喜んでいただけた表情がやりがいと同時に「ほっ」とするタイミングです。

リペアに初めて出会った時にこんな仕事があるんだ!?とびっくりしました。

補修は日々違った材料と違った傷、そこに人の気持ちが絡みます、納得出来る仕上がりが出来ずに肩を落とす日々も多々経験してきましたが、お客様の「傷のお困りに」どこまで寄り添えるか?

困った時の「街のリペア屋さん」そんな存在を目指し日々頑張っております!

TOP
LINE 問い合わせ 無料写真見積り