賃貸住宅の傷と保険適応について

賃貸住宅に入居中で傷をつけてしまい、退去前に綺麗にしておきたいという依頼は多くございます。

私も若い時分は一人暮らしをしていましたので傷をそのままにしてしまい退去時にここは「敷金から相殺しますね」、など修繕費用をとられてしまったことがあります。

こちらにご相談いただくのも、ドアの穴、フローリングの傷、ペットの引っ掻き傷や噛み傷は多いです。

しかし、この仕事をしていると中には「保険で対応するので宜しくお願いします。」という依頼があり借主さんの負担なく済んでいるケースも多くあるんです。

入っている保険の種類や条件にもよるので一概に申し上げられませんが、一般的に火災保険に加入していれば保険で対応できる可能性があります、存じでしたか?

賃貸住宅でも火災保険の加入が入居時必須で結構良いお金を事前に払っていたなんて方も多いのではないでしょうか?

ただ、どんな傷でも対象になるのかというと、一応条件はあるようです。

①長く住んでいて、経年で劣化してしまったもの

②生活に支障のない些細な傷

③故意につけた傷

④免責金額(支払い最低金額)に満たない傷

などは対象外と言われてしまうようです、しかし、仕事柄受ける印象としては①は基本オーナーさん負担なのでしっかり申告するとして

②、③は言いようなのかな~と思う場合も多く対応してます、例えば床の傷でそこまで大きくなくてもエグれてしまい歩いているときに引っ掛かりケガをしてしまうかもしれないなどの言い分で保険が下りているケースが多いように思います。

ドアパンチも転んで手をついてしまった、、というような話を聞きます(; ・`д・´)

④面積金額に関しては私も可哀そうだなと同情した経験がありますが、社宅で会社に保険申請し、お見積り等の必要書類を提出してから免責金額に満たずに自腹で払って下さいと言われたそうです。

現地で施行しながら依頼様からお話を聞いてなんともいたたまれない気持ちになったのを覚えています。

この辺りも事前に分かっていれば、補強をより頑丈にするなどで見積りを調整することは可能です、もちろんこちらも嬉しいですし、依頼者さんも嬉しいとお互いに良い結果になったと思います。(ちなみにその際の不足額はあと4,000円でした、、。)

ちなみに、ワンちゃん、猫ちゃんの引っ搔き傷、噛み傷は保険では厳しい印象です。

賃貸以外の住宅の火災保険ももちろんもちろん同じです。

ちょっとギリギリのことを書いてしまいましたが、業界で働いている者の体験談としてそんなこともあるのかと受け取ってもらえたら嬉しいです。

保険加入している方は、一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

最近の記事
おすすめ記事
  1. 賃貸住宅の傷と保険適応について

  2. 補修と耐久性は?フローリングの塗装剥がれ/東京都荒川区

  3. 水周り塗装に保証期間の有無?|洗面ボールの他社塗膜剥がれ再補修/東京都荒川区

  4. フローリングと水分について|フローリング塗膜白化のリペア/東京都目黒区

  1. 登録されている記事はございません。

ご挨拶


プロフィール

「えっ?」「全然わからない」そんな言葉と喜んでいただけた表情がやりがいと同時に「ほっ」とするタイミングです。

リペアに初めて出会った時にこんな仕事があるんだ!?とびっくりしました。

補修は日々違った材料と違った傷、そこに人の気持ちが絡みます、納得出来る仕上がりが出来ずに肩を落とす日々も多々経験してきましたが、お客様の「傷のお困りに」どこまで寄り添えるか?

困った時の「街のリペア屋さん」そんな存在を目指し日々頑張っております!

TOP
LINE 問い合わせ 無料写真見積り