石やタイル一部張り替えると?|共用タイル原状回復補修/東京都中央区

共用部のタイルの欠けの原状回復です。

タイルや石材が欠けてしまった取り替えるとにも同じものはもうないということあると思います、一部だけ張り替えて違う雰囲気になっている光景何度か目にすることがあります。

そんなときにはリペアでご相談下さい。

タイルが欠けてしまっている案件です、下地からボロボロに崩れております、モルタルで下地を作って、エポキシプライマー、からのエポキシパテです。

毎度のことですが、ポリパテのほうが切削性も良いですし楽なのですが、それだけすぐ削れるということは用途によっては強度が足りないということかと思ってますのでエポキシパテを使いました、骨材も入れているのでガチガチです。

パテの色だけで塗装も控えたいところですが、表情が複雑なので塗装で雰囲気つくってます。

塗装の保護の為に最終で無機コーティング仕上げです。

このようなマットな質感は気を使っても少し艶感を変えてしまうのですが、言われないと気が付かない程度と思います、何よりモース硬度7という歩行傷もつきにくい硬さには変えがたいと考えています。

土足で歩く外部などは交換が可能であれば、即答で交換を進めてますが、同じものがない予算が厳しいなどあれば最大限に実用強度を保った補修も可能です。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 賃貸住宅の傷と保険適応について

  2. 補修と耐久性は?フローリングの塗装剥がれ/東京都荒川区

  3. 水周り塗装に保証期間の有無?|洗面ボールの他社塗膜剥がれ再補修/東京都荒川区

  4. フローリングと水分について|フローリング塗膜白化のリペア/東京都目黒区

  1. 登録されている記事はございません。

ご挨拶


プロフィール

「えっ?」「全然わからない」そんな言葉と喜んでいただけた表情がやりがいと同時に「ほっ」とするタイミングです。

リペアに初めて出会った時にこんな仕事があるんだ!?とびっくりしました。

補修は日々違った材料と違った傷、そこに人の気持ちが絡みます、納得出来る仕上がりが出来ずに肩を落とす日々も多々経験してきましたが、お客様の「傷のお困りに」どこまで寄り添えるか?

困った時の「街のリペア屋さん」そんな存在を目指し日々頑張っております!

TOP
LINE 問い合わせ 無料写真見積り